どうして麻痺るの?

man worry and panic

麻酔クリームであるPriloxがどうして人に痛みを与えないのか?ただのクリームなのにどんな仕掛けがあるんだろう。と疑問に思ったりしませんか?今回はPriloxがなぜ痛みを和らげてくれるのか、その仕組みをある程度具体的に教えておきたいと思います。まずPriloxは冒頭でも言った通り麻酔クリームです。実際に塗りたいところに塗れば、本当に麻酔状態になります。だからこそ痛みを感じなくなるわけです。ではどうして麻酔がされるのか?今までだったら麻酔をする際にどんなタイミングであっても必ずといって良いほど麻酔注射をされたりすることが多かったでしょう。麻酔注射は誰しもが痛いと感じますよね。また、麻酔を注入されているときの感覚は気持ち悪く感じるでしょう。特に歯医者さんに行ったときには必ず麻酔注射をされてしまうので、自分の歯茎に麻酔の液体が入っていく感覚を誰しもが感じたことあるはずです。今回紹介するPriloxは歯医者で使うことはできませんが、脱毛など肌のケアをする場合には必ず利用できます。では具体的にPriloxがどんな風にできているのかを紹介しましょう。まずPriloxはリドカインと呼ばれる成分が主になっております。このリドカインは大体手術でも使われる麻酔なので、安心して使っていただけるでしょう。そして痛みの構造としては神経を伝わって脳に到達することで起こるので、リドカインを含むPriloxを使えば神経の反応を遮断することができ、脳に対して送る電気信号を完全にオフとさせることが可能です。これがずばり麻酔クリームの仕組みとなっております。